マルシェ再開!iPadシリーズからマルシェにぴったりの1台を選ぼう!【2021年最新版】

新型コロナ自粛が落ち着き、マルシェも再開を始めました。
この機会に購入や買い替えを検討しているお店も多いのではないでしょうか?

現行iPadシリーズのラインナップを確認して、ニーズに合わせてどのiPadが合うのか、選び方のポイントを確認しましょう。

この記事のポイント
・マルシェでの持ち歩きなら、iPad mini
・とにかく安く始めたいなら、無印 iPad
・デザインや動画編集なら、iPad Pro

CONTENTS

マルシェでの持ち歩きで選ぶなら、iPad mini

9月に発売された「iPad mini」の第6世代モデルは、
・ホームボタンが無いデザイン。
・電源ボタンに「Touch ID」内蔵。
・第2世代「Apple Pencil」に対応。
・セルラーモデルは5G対応。
・USB-C端子搭載。

特に、Apple Pencilの進化は魅力的。

片手で持てるコンパクトなサイズ感。
本体いっぱいにディスプレイが広がり、8.3型ディスプレイを搭載。
Apple Pencilを組み合わせれば、その場でメモを取ったり、思いついたアイデアを書き留めておくこともできます。

マルシェなどのイベントでは、お客さんや出店者との会話の中で、ふと思いついたアイデアや他のイベント情報などをサッと書き留めたい時がよくあります。紙に書いておいたのに、撤収作業などで気がつけばメモが見当たらないという経験も。

Apple Pencilで、iPadに手書きメモを残しておけば無くす心配がなくなります。
最新のiPad OSなら、スリープを解除せずにApple Pencilでメモを立ち上げることができます。

重さもストレージ容量で差はありますが、300g前後と現行iPadシリーズの中で最も軽く、長時間手で持っていても疲れにくいのもポイント。
マルシェでサッと商品の生産風景や、資料を見せるビューワーとしても最適です。

商品の食べ方、保存方法、生産風景。
紙で用意すると移動が大変。
ホーム画面に資料を用意しておけば、必要な時にすぐに取り出せて便利。
瞬時に営業ツールに変わります。

POSレジもこれ一台。
マスクをしていてもロック解除できるTouch IDが電源ボタンに内蔵。
片手で使える万能なiPadです。

デメリットとしては、
・専用のキーボードがなく、外使いでは文字入力がしづらい。
・本体の容量が少ない。
・液晶ディスプレイの表示が左右でブレて見えることがある。
・価格が高い。

などが、挙げられます。
デメリットより、メリットが多いiPadです。

Amazonで詳細をチェック!

Apple Pencilに魅力を感じない場合は、中古で一つ前の世代を検討するのもありです。

夫婦共にiPhone12 miniをゲオオンラインストアで購入しました。
iPadも各世代揃ってます。

とにかく安く始めたいなら無印 iPad

iPadシリーズで1番価格の安いのが「iPad(第9世代)」。
iPad miniと同じく、9月に発売されました。

10.2型ディスプレイを搭載。
持ちやすさ、画面の見やすさ、外付けキーボードを装着した時など、サイズと使いまわしのバランスがよく、コストパフォーマンスが高いのが魅力。

マルシェでは、マスクやフェイスシールドをつけることが多いため、指紋認証の「Touch ID」は便利。

充電コネクターはiPhoneと同じLightning端子。
すでにiPhoneを持っている場合、モバイルバッテリーなども併用できる利点があります。

iPad初心者にオススメの1台。
Apple Pencilは第1世代ですが、中古でも安く流通しているので導入しやすいのが魅力。

こちらの機種は、価格が安いので中古で旧機種を探すより新品を買ったほうがメリットが多い機種となります。

デザインや動画編集を求めるなら、iPad Pro

シリーズ最上位機種の「iPad Pro」。
サイズが11型と12.9型の2機種。

11型は持ち運び重視。
12.9型は創作に没頭できるよさがあります。

最新機種はチップセットに「Mac」シリーズに搭載されている「M1」シリーズになりました。
YouTube用の動画編集をiPad単体で完結することもできます。
最新のThunderbolt3対応で外付けSSDや一眼レフカメラからのデータ転送も高速です。

マルシェでは、POSレジ、資料用ビューワーとして。
その場で、写真を加工したり、書類にApple Pencilで手書き修正したり、撮って出しでYouTubeにアップしたりとiPadの持て余すほどのパワーを使いこなしてみたい人には最適です。

ディスプレイもきれいで一旦使いはじめてしまうと他のiPadに戻れないかもしれません。

Macのように使うことができる「Magic Keyboard」もオプションで用意されています。
キーボードとトラックパッドがついて、カバーにもなります。

これで、食品表示ラベルもiPadで作って印刷できるようになれば、これ一台で完結しちゃうんですが…

選択できるストレージも2TBまで選べます。
上を見るとMacの方が安く買えるので、注意。

ただ、ほとんどの人には宝の持ち腐れと思えるほどパワフル。

そこでオススメは、2018年モデル、2020年モデルの中古品。
特にアップルが販売するiPad整備済製品がオススメです。

それでも一般的な利用ではフルパワーを見ることは少ないかもしれません。

まとめ

iPadシリーズを選ぶポイントを改めてまとめてみました。

この記事のポイント
・マルシェでの持ち歩きなら、iPad mini
・とにかく安く始めたいなら無印 iPad
・デザインや動画編集を求めるなら、iPad Pro

あれ?iPad Airは?と思った方もいるかもしれません。
・コスパなら無印 iPad。
・ディスプレイの見やすさはiPad Pro。
・持ち運びやすさはiPad mini。

今回は、除外させていただきました。
コスパはいいので、11型のiPad Proが欲しいけど価格で手がでない…という方は10.9型のiPad Airの検討も。

個人的には、第2世代のApple Pencilが使えるiPad miniか、iPad Proを検討します。

この記事が、独立や売上げアップを目指す皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

SHARE ON
CONTENTS
閉じる