STORESでパン販売中! CLICK!

【店主のつぶやき】iPhone 12 mini のカメラで色々撮ってみた話

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、iPhone 12 miniのカメラについて書いています。

せっかく買ったiPhone 12 mini。

購入の話はこちら。

使い倒さねば!ということで、気になったものはパシャパシャと撮ってる日々。

基本は子供の写真や動画ですが、前機種のiPhone SE(初代)と比べると画質がかなり違う。

目次

カメラのおさらい

参考までに撮った写真をアップしてみます。
まずは付いてるカメラのおさらいから。

iPhone 12 miniについているカメラは焦点距離13mmの超広角と焦点距離26mmの広角の2種類。
上のクラスのProには焦点距離52mmの望遠がついてます。
iPhone 12 miniは望遠はデジタルズームでいわゆる拡大表示。
それでも2倍までは結構きれいに撮れます。

単体の写真はこちらに。

広角(焦点距離26mm)
超広角(焦点距離13mm)
望遠(デジタル2倍ズーム)
望遠(デジタル5倍ズーム)

ポートレートモード

最近のiPhoneの一押し機能と言えば「ポートレートモード
いわゆる「ボケ」を自由に設定できる機能。
F値を1.6からF16まで自在に変更が可能。

こんな感じ。

後ろもしっかりとボケてます

距離が重要なので、使い所が難しい場合とちょっと強引だなと思う場面がちょこちょこと。

でも、一眼の出番がパンの物撮りだけに減りました。

ミラーレス一眼(オリンパス)・100mm望遠の写真
個人的にはこちらの方が好き

接写もきれい

個人的に一番気に入っているのが「接写」

といっても、マクロ撮影はできないので、あくまで近づいて撮るぐらいですが、とってもきれいに撮れます。

マクロ撮影機能がついたみたいです!

子供が見つけた庭にいたカマキリをパシャリ

明るいところではもう一眼はいらないかな?と思うぐらい。

こうなるとプロを使いたくなる…

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる