2020年モデルのiPad Pro 12.9インチを購入。9.7インチから乗り換え。Apple Pencilも。

我慢できませんでしたね。

11インチモデルが欲しいけど、我慢しようと思っていましたが…

買ってしまいました。12.9インチモデル。

1ヶ月ぐらいマルシェや仕事で使うiPadのことが気になりすぎてこれでもか!というほど調べまくっていました。

最初はiPad mini 6、次にiPad Pro 11インチ。

悩んだ末に、たどり着いたのはiPad Pro 12.9インチでした。

CONTENTS

購入


買ったのは、ゲオのオンラインサイト。

ゲオ公式通販サイト【ゲオオンラインストア】

ずっとM1 iPad Pro 11インチを調べていましたが、最終的に12.9インチに。

残念ながら中古のため、よくある開封の儀はなし。

ー iPad Pro 12.9インチ(第4世代)

今回購入したのは、2020年発売のiPad Pro 12.9インチ 256GBモデル スペースグレイ

背面に保護フィルムを貼った状態

iPad Proを購入するのは、2016年のiPad Pro 9.7インチ以来5年ぶり。

お店でチラチラと触っていましたが、改めて手元に来ると12.9インチの大きさに圧倒されます。

はじめての12.9インチに、不安が…

左から 初代iPad mini、iPad Pro 9.7インチ、iPad Pro 12.9インチ

iPad mini2枚分以上のサイズ。

かなり大きいです。

(左)iPad Pro 9.7インチ (右)iPad Pro 12.9インチ

画面サイズも広くて見やすい。

ペーパーフィルムを貼っているので、少し白っぽく見えますが目に優しい感じ。

コネクタがLightningからUSB-Cに変わりました。充電器がMacと共有できるようになります。周辺機器は使えそうなのがミラーレス一眼カメラぐらいなので、今後はテレビと繋ぐHDMI端子のついたUSBハブを検討します。

ー Apple Pencil 第2世代

次にApple Pencil 第2世代。

前世代のApple Pencilに比べて1センチほど短くなりました。

重さは同じですが、軽く感じます。

鉛筆のようなフラット面ができたので、コロコロと転がることが少なくなりました。この面はマグネットで本体側面にくっついて、ペアリングと充電ができるようになります。

ツルツルすべる手触りから、サラサラの手触りへ変更。触り心地がよくて、ずっと握っていたいアイテムです。

第2世代から交換用のペン先が同封されなくなりました。

¥10,800 (2022/01/05 15:57時点 | Amazon調べ)

まとめ


今回は外観チェック編。

中古での購入でしたが、とりあえず外回りはきれいな状態でした。

今まで9.7インチを使っていたので、サイズアップによる使用感の違いなども順次更新していきます。

ポチッとする直前までiPad Pro 2021年モデルの11インチにすると決めていました。ギリギリで12.9インチを購入しました。どうして変更したのかも記事にしていく予定なので、また遊びに来てくださいね。

次の記事


最新M1チップを積んだiPad Proではなく、買ったのは2020年の第4世代でした。

iPadでしたかったのは、アウトプットでした。

SHARE ON
CONTENTS
閉じる